AND OR
ホーム > 会社沿革

戸田鉄工会社沿革


昭和22年4月 創業者故戸田冨蔵は林業機械の製作・修理を主体に(資)戸田鉄工所を創立。出資金(95,000円)。
昭和24年1月 増資(資本金25万円)。
昭和27年8月 増資(資本金160万円)。鉄製貨車制動機改造し実用新案特許第413080号下付される。
昭和28年7月 増資(資本金240万円)。
昭和32年11月 増資(資本金340万円)。機械工場新築(機械設備の増強)。
昭和34年6月 戸田式積載梁製作、実用新案特許第408310号下付される。
昭和37年2月 戸田式苗床除草機製作、実用新案特許第700816号下付される。
昭和37年3月 戸田式積載梁改造、専売特許第490143号下付される。
昭和38年11月 戸田式積載梁(戸田式ステッキ)秋田県総合発明展に於て戸田式積載梁(戸田式ステッキ)が通産大臣奨励賞受章。
昭和39年1月 戸田範一、社長に就任。
昭和41年10月 (資)戸田鉄工所を法人組織の変更に依り戸田鉄工株式会社と改称。
昭和41年12月 同和鉱業(株)花岡鉱業所内に事務所開設。
昭和44年9月 花岡工場新設、花岡事務所併設。
昭和44年10月 増資(資本金500万円)。
昭和45年11月 戸田式積載梁(戸田式ステッキ)の販売流通機構改革のため戸田機械商事(株)を設立。
昭和46年1月 増資(資本金1,000万円)。
昭和46年4月 三井造船(株)と建設機械の部品販売及びアフターサービスの特約指定工場契約。
昭和46年5月 仙台営業所を開設、三井造船(株)建設機械の部品販売及びアフターサービスの営業開始。
昭和49年11月 三井造船アイムコ(株)とアイムコ社製品の部品販売及びアフターサービスの指定工場契約。
昭和50年2月 (株)神戸製鋼所と砕石機械部品の東北地区販売特約店及び指定工場契約。
昭和50年7月 精密金型及び治工具工場新設。
昭和52年3月 トラック荷台の支柱転倒装置改良し、実用新案特許第1167225号下付される。
昭和52年4月 増資(資本金1,400万円)。
昭和54年10月 車輌系建設機械検査業登録。
昭和55年4月 仙台営業所にて三井造船株式会社東北部品センター取扱業務委託される。
昭和55年12月 花岡工場300m2増築。
昭和56年1月 ロボット溶接機(安川電気製)導入、戸田式ステッキ函体製作の自動化をはかる。
昭和57年11月 自動車分解整備事業認証工場取得、認証番号40110。
昭和58年6月 管工事業建設業登録(般-58)第3262号。
昭和60年6月 本社及び本社工場、現在地へ新築移転。
昭和61年12月 鋼構造物工事業建設業登録(般-61)第3262号。
昭和63年4月 フォークリフト検査業登録。
平成元年10月 金型工場を分離独立し、戸田精工株式会社を設立。
平成3年1月 本社第三工場新築。(660m2)。
平成3年10月 花岡工場事務所新築。(146m2)。
平成5年6月 本社機械工場増築。(250m2)。
平成11年6月 台北市に戸田股*有限公司を合弁により設立。
平成11年12月 花岡工場増築。(166m2)。
平成12年9月 戸田直人、社長に就任。


戸田精工会社沿革


昭和50年7月 戸田鉄工株式会社金型事業部として、精密金型・治工具の営業開始。
平成元年10月 戸田鉄工株式会社より独立し、戸田精工株式会社設立。戸田範一、社長に就任。
平成12年9月 戸田直人、社長に就任。

© TODA IRON WORKS CO.,LTD & TODA PRECISION INDUSTRY CO.,LTD All right reserved.